26/2/23(日)南遭救助訓練

今日は、南岩手山岳遭難救助隊の合同訓練が鞍掛のふもとで行われました。
画像










屈強な男たちが集合しました。
画像










まずは、訓練場所へ移動。
画像










自衛隊の方々からの指導によるビバーク施設構築訓練
画像










立ち木を利用した竪穴式シェルターを作ります。
画像










なんとなくの完成形がこちら
画像










中は詰めれば6人くらい入れます。
画像










今度は、イグルー式シェルターの作成
画像










なかなか上手に作れました。
画像










んで、今度は雪崩による遭難者の捜索・救助訓練








まずは、雪の中にいる自衛隊員にプローブを刺して人間の感触を確かめます。
画像










自衛隊員による遭難者の捜索・救助の実演
画像










盛岡隊VS滝沢隊VS雫石隊で捜索・救助のプチ競技会が開催されました。
画像







それぞれ15m四方の場所のどこかに埋まっている要救助者を探し当てて救助し搬送するまでの競争だったのですが・・・・・。






最初はプローブでの捜索で、5分経過しても見つからない場合は、ビーコン使用OKとのこと。







どの隊も、最初の5分では探し当てれず、ビーコン使用。























結果は・・・・・
























優勝  滝沢隊 









第2位  盛岡隊










ビリ  雫石隊























それでもなかなか有意義な訓練だったと思います。























そして、午後からの祝賀会に出席したのでした~!
画像




















この記事へのコメント

  • イチタロー

    訓練参加したんですね。何年ぶり?
    2014年02月24日 09:32
  • zermatt

    イチタローさんこんにちは!
    前回出たのは入隊したころなので15年くらいぶりに参加しました。
    そのときにくらべて訓練内容が充実してました。
    2014年02月24日 12:52

この記事へのトラックバック